基本理念

株式会社リョービシステムサービスは、環境保全への取組が重要な経営課題であると認識し、 IT企業としてその持てるテクノロジーと創造力を活かし、社会の持続可能な発展に貢献します。 また、事業活動にかかわる環境法や環境上の規範を順守するにとどまらず、自主的な環境保全活動に努めます。 さらに、豊な自然を次の世代に残すことができるよう、すべての組織と一人ひとりの行動により先行した取組を継続して追求していきます。

行動指針

1. 環境関連法規等の順守

環境関連の法規制及び業界行動指針やガイドラインなど当社が同意したその他の要求事項を順守し、環境保全に努めます。

2. 資源・エネルギーの効率的活用

資源及びエネルギーの効率的な利用、廃棄物発生の抑制、再利用、リサイクル並びに汚染予防の適性処理を行い、環境負荷を低減いたします。

3. 循環型社会への寄与

企業活動を通じて持続可能な循環社会の形成に寄与いたします。

4. 環境マネジメントシステムの継続的改善

環境方針に沿って環境目的及び目標を設定し、運用すると共に、定期的な評価、見直しを行い、環境方針を含めた環境マネジメントシステムの継続的改善に努めます。

5. 教育・訓練の実施

社員及び当社に勤務するすべての人に定期的な環境教育・訓練を実施して、一人ひとりの環境保全に関する意識高揚を図ると共に、個人としての環境保全活動への取組を支援いたします。

6. 環境方針の公開

環境方針は文書化して、社員及び当社に勤務するすべての人に周知すると共に、社外にも公開いたします。

制定 2012年1月1日
改定 2016年4月1日
株式会社リョービシステムサービス
専務取締役 難波 基久