システム開発

「DSストレスチェックシステム」はICTを活用してストレスチェック制度が求める運用を効率的にサポートします

サービスの概要

法令に準拠したストレスチェックの運用をサポートします
ストレスチェックは配布・回収の手間がないWEB方式、インターネット環境がなくてもできるマークシート方式どちらも対応可能です
ストレスチェックの結果は、役割に応じた権限管理を行っており、受検結果の閲覧制限などプライバシーへ配慮した管理仕様になっています
継続のご利用を前提に過去5年分のストレスチェックの結果をサーバー内に保存します
情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格 ISMS(ISO27001)認証を取得しており、高いセキュリティ環境下でご利用いただけます
ストレスチェックの進捗状況に合わせて、受検勧奨メールや、面接勧奨メールを一括送信できます

ストレスチェック支援サービス 「DSストレスチェックシステム」 のご紹介

受検者様向け機能

パソコン、スマートフォンなどの端末から簡単にストレスチェックができ、結果はその場ですぐ確認できます。
ストレスチェックの結果に応じで、医師への面接を申込むことができます。
法定のストレスチェック実施期間以外でも、自身のストレス状態が気になった時にいつでもチェックできます。

制度担当者様向け機能

WEBの管理画面から、受検者の状況(ストレスプロフィールは確認できません)を確認できます。
ストレスチェックをまだ受検していない個人に対して、受検勧奨メールを送信できます。
様々な条件にてデータを集計・分析し職場環境改善に役立てるレポートを出力します。

実施者・実施事務従事者様向け機能

WEBの管理画面から、受検者のストレスプロフィールを一覧で確認できます。
厚生労働省のマニュアルに記載している、素点換算表を使う方法で、高ストレスの評価基準を設定できます。
面接指導対象者にも関わらず、面接指導を希望していない受検者に対して面接勧奨メールを送信できます。

制度内のサポート範囲

ストレスチェック、ストレスプロフィール