メディアクリエイト

システム会社 様

背景

お客様では長年、病院様向けに電子カルテシステムを開発・納入されています。営業マンは全国の病院を訪問されているが、持っていく営業ツールは、会社紹介・システム概要資料・システム詳細資料・データセンター資料と多岐にわたりスマートでない上に、バージョン・レベルもバラバラで、現場の営業マンにとって使いづらい状況であったことからご相談を頂きました。

 

ソリューション

通常のパンフレット制作では、お客様の担当者に社内の要望を集約頂き、リョービシステムサービス営業マンと1対1で進めていくのが一般的であります。
しかしながら今回は全国の営業拠点の営業マンの要望をできる限り取り込むという方針を頂いていることから、お客様社内会議及びTV会議にもリョービシステムサービスが参加、各営業マンから直接ヒアリングを実施させて頂きました。

また制作にあたっては、以下の点に留意しました。

  • 病院ご担当者様と面談した際に、手に取ってスムーズに説明が行えること。
  • 直接面談できなかった方が後から読んでも、お伝えしたい情報が網羅されていること。
  • システム画面を多用し過ぎず、限られた紙面のなかで、優先順位を付けて掲載すること。
  • システム活用のシチュエーションや、システムの特徴など抽象的な説明はイラストを描き起こしてビジュアルで理解できるようにすること。

 

導入効果

これまで営業マンが手作り資料など複数の資料を併せ持って訪問していたものが、1つに集約されたことで、面談がスムーズに行えるようになりました。更に手に取ってもらい易くなったことから、直接面談できなかった方へのアピール力がアップしました。
また営業マンの負担も軽減され、より効率的に営業ができるようになりました。

 

今後の展望

システムのバージョンアップと連動して、今後も継続して版修正を重ね、陳腐化を防ぐとともに、写真撮影も行って、更に理解し易い内容に更新していきます。