CROSS

TALK

大阪出向社員

お客様相談窓口コールセンタープロジェクト

ICTアウトソーシングサービスにおいて、お客様からのご期待に総合的にお応えするため、お電話で情報をつなぐコールセンター事業を行っている。
コールセンターは、お客様の経営戦略に重要な役割を持っている。
お客様から寄せられる全てのご質問、ご要望に一人ひとりのスタッフが対応し、お客様と双方向で価値ある情報の共有を行い、そして、品質と効率を最大限高め 利益貢献することが我々のミッション。
ビックデータの時代に、コールセンターで集めた情報を価値ある情報に変えて、企業の戦略立案に役立てていけるようサポートを行っている。

市川 誠

1996年入社

市川 誠

企画室

入社当時は、主に鉄道会社業務の現場担当として、時刻表や運賃標などの自動化やユニバーサルデザインなどの提案を担当。
その後、デジタルアーカイブ事業を立ち上げ、全国の古地図の電子化や日本のデジタルアーカイブ元年である2010年には、大規模国家プロジェクトに参加しチームリーダーを担当。現在は、事業企画の立場となり、多分野のお客様に、包括的なICTアウトソーシングサービスを提供し、お客様価値の向上に努めている。

石岡 勝士

1982年入社

石岡 勝士

ソフトウェア部

入社後、5年間ホストオペレーション業務に従事。
その後ソフト開発系部署に異動し、国内大手メーカー系のコンバージョン作業を実施。
金融業務を信販、銀行系を経験後公共系業務に異動。
開発からSEとなり自治体様と要件整理、導入を実施。
その後自社パッケージ開発SE及びその営業活動、管理職業務を遂行。
2014年からはISOの各マネジメントシステムの事務局(全社的管理)も兼任。
2017年2月より現在の大阪オンサイトサポートセンターにマネジャーとして着任した。

松田 治明

2002年入社

松田 治明

営業課

入社~2009年までの間、官公庁が保有する地図の数値化業務及び、地図システムのサポート業務に従事。
2010年、図書館の大規模電子化PJの業務責任者として東京でのオンサイト業務を経験。
2011年以後、岡山に戻り現場業務だけでなく営業を経験した後、2016年から関西市場開拓のため営業として大阪支社に配属。

井本佳佑

2005年入社

井本佳佑

アウトソーシングサービス部

入社~2012年までの間、ネットワーク・サーバ構築、地図システムの開発、特定健診業務のサポートSEなどシステム関係の業務に従事。
2012年に担当業務がアウトソーシング業務に変更。
東京で図書館の大規模電子化オンサイトPJの全体運用責任者、岡山でデータエントリーチームの運用責任者、大阪でオンサイトサポートセンターで責任者を経験。
現在はアウトソーシング業務の新規展開を担当。

各メンバーとの関係性を教えてください。



市川(プロジェクト責任者)
新しい市場を切り拓き、お客様と価値観(経営戦略など)を共有し、チームが多様な面で成長できる職場環境を作っています。

石岡(マネージャー)
それぞれのチームを組織マネジメントし、各チームが目指すべき方向性を分析し明示化し、モチベーションの高いチームづくりを進めています。お客様からのミッション実現に向けチームに目標設定を行います。

井本(チームリーダー)
ミッションの実現に対して、リーダーシップを図り、メンバーを動機付け。メンバーとのコミュニケーションを大切にしてプロジェクトの成果を上げています。日々業務の改善を図り、職場環境を充実させるよう取り組んでいます。

松田(営業リーダー)
お客様からのご要望に迅速に対応し、営業目標の達成にこだわり、何よりお客様と近い距離で信頼を大切にしています。

苦労、やりがいを
教えてください。

市川(プロジェクト責任者)
新しいプロジェクトが始まると苦労も多い分、たくさんの人と出会う事ができます。
たくさんの新たなご縁が広がっていくことは本当に嬉しく思います。
日々反省する事も多くありますが、メンバーと協力し、試行錯誤しながら充実した毎日を送っています。

石岡(マネージャー)
新しい事業には非常にやりがいを感じますし、責任も感じます。
仕事をするうえでは、自身の考えがお客様に届き信頼が大きくなる時が、やはりやりがいを感じます。
プロジェクトメンバーが笑顔で真剣に取り組んでいる姿を見るとミッションを立案しチームを正しくマネジメントしていこうという気持ちがさらに強くなります。

井本(チームリーダー)
これまで大規模なプロジェクトでたくさんのチームメンバーと一緒に仕事をしてきましたが、ともに苦労した仲間とミッションをクリアした時は、これまでの苦労が喜びに変わります。
新しい事業では、特にお客様の期待に早く応えたいと思っていますし、そのためにどうすればいいかを常に考えるようにしています。

松田(営業リーダー)
お客様から感謝の言葉を頂いた時は営業として達成感を感じます。
特に提案内容が認められ、ご採用いただいた時は格別です。
目標の高い仕事であればあるほど勝ち取りたい思いが高まります。

業務終了後・プライベートの過ごし方、リフレッシュ方法を教えてください。

市川(プロジェクト責任者)
リフレッシュ方法は、休日に計画をたてて旅行をすることですね。
家族と過ごす休日はとても貴重なので、充実した時間を過ごせるように入念に計画を立てます。

石岡(マネージャー)
学生時代から続けている野球、今も草野球チームのメンバーとしてみんなで汗を流しています。
年齢関係なく、みんな本気で野球を楽しんでいるので時間があっという間に過ぎていきます。

井本(チームリーダー)
行きつけのお店にいくことが何よりもリフレッシュできます。
気を使わずにふらっと立ち寄ることができるお店があると、空いた時間があるときには、とても重宝します。

松田(営業リーダー)
休日は、子どもと一緒にサッカーをすることが楽しみですね。
運動不足解消にもなっていますし、家族と触れ合う時間がとても貴重です。