YASUTAKA

IMAJI

ソフトウェア部 / 今治 泰隆

1998年入社

入社以来、自治体様のお仕事に携わらせていただいている。入社時は某自治体様のマシンオペレーション・システム運用を担当していたが、平成の市町村大合併の時期にシステムエンジニア兼プログラマーに転身。自身の経験の無さからプロジェクトは困難を極めたが、たくさんのお客様にお力添えをいただき、なんとか合併を乗り切る。その後様々なプロジェクトを経験し、現在も継続してソフトウェア開発に携わっている。

現在の職種における役割を
教えてください。

自治体様向けの住民情報サービスとなる業務システムの請負開発を担当しています。現在の主な役割としては、開発する業務システムのプロジェクトリーダーとして上流工程「要件定義」「基本設計」から下流工程「詳細設計」「プログラム設計」へと落していき、その後の「製造・テスト」を経て、最終出荷までを担当しています。また大きいプロジェクトになると複数社で共同開発となるのですが、パートナー企業との調整窓口も日々行っております。プロジェクトには、色んな立ち位置の方が介在するので、自身の思いどおりになるよう事前準備はするのですが、うまくいく場合といかない場合と半々ぐらいですかね。日々勉強です。

苦労ややりがいを感じた瞬間を
教えてください。

システム開発プロジェクトは必ず納期・品質・コストというものが付いて参ります。限られた資源の中でいかにうまくやり繰りするかがこの仕事の醍醐味でありますが、お客様と直接やり取りをさせていただく立場になれば、厳しいお言葉をいただくこともありますし、様々な点で苦しい経験をするときがあります。しかしプロジェクトが無事終わり、お客様から感謝や労いのお言葉をいただくと「がんばってよかったな」と思い、本当に嬉しくてそれまでの苦労や疲れがなくなってしまいます。また自身が設計したシステムをお客様がオペレーションする様子を直に拝見すると、次回はもっといいものを提供し喜んでいただきたいという気持ちになります。

社会人として大切にしていることは
ありますか?

自分自身を顧み反省し、次に繋げることです。反省しない者は成長しません。人のせいにして終わらすのは簡単です。でもそこで終了となり、何も生まれません。反省することにより「次はこうしよう」「こうならないように努力しよう」と次にやるべきことが思い浮かびます。そうは思ってもまた同じ過ちを犯すことも多々あります。でも反省することを辞めなければ、少しずつでも人として成長していくことができます。社会にでると人と人との繋がりが必須となり、色んな立場の色んな方とコミュニケーションを取ります。1%でも自分に非があると感じれたら、それは成長の機会だと思っています。

就職活動をしている
ひとへのメッセージ

MESSAGE

自分自身の就職活動を思い出してみると、就職氷河期で決してよい時期ではなく、ガムシャラに就職試験を受けていました。縁あって今の会社に辿り着き、今日までやってこれました。皆様は就職活動中に多くの会社や人と接点を持つと思われます。自分のやりたいことは何なのか、5年後、10年後、20年後に自分がどうありたいのか、今は答えが見つからないかもしれないけど、じっくりと考えることが大事だと思います。その会社の風土や働く人を観察してみて、自分らしく仕事が出来そうだ!と感じたら、そこから一歩踏み込んでみてください。我々とご縁があれば是非共に頑張りましょう。