KANAKO

OTSUKI

ソフトウェア部 / 大槻 佳奈子

2017年入社

入社後、両備システムズグループの新人研修を2ヶ月間、リョービシステムサービスの新人研修を1ヶ月間受ける。新人研修では社会人としてのビジネスマナーを身に付けたり、システム開発を通してプログラミングやテスト手法などの技術的なことやQCDについて学んだ。
配属後は自治体様向けの健康管理システムの開発に携わっており、各自治体様独自のプログラムの作成などを行っている。

現在の職種における役割を
教えてください。

私は現在、自治体様向けの健康管理システムの開発を行っております。システムの仕組みやどのようにすれば実装できるのかなど分からないことが多々ありますが、先輩社員にサポートをしていただきながら進めています。まだまだサポートなしでは作成できませんが、協力会社の方など新しく来られた方に対して帳票レイアウト作成の説明を任せていただいたこともあり、できることも増えていっています。プログラミング技術を向上させることはもちろんですが、制度や健診など業務知識も必要ですので、積極的に学びサポートをしていただかなくても作業ができるようになりたいと考えています。

苦労ややりがいを感じた瞬間を
教えてください。

やりがいを感じた瞬間は、以前パッケージの特定健診三期対応をしたものが今日リリースされるよ、と先輩社員から教えていただいた時です。私は特定健診三期対応で帳票レイアウトの作成や単体テストに携わっていました。その時は特定健診についての知識も全くなく、指示された通りに作業をしていただけで自分の任された仕事ができた、と感じるぐらいでした。しかし先輩社員の言葉で、これからお客様が実際に帳票の出力をされて、いずれ自分が作成した帳票が各家庭に送付されるのだと思うと、責任の重さを感じるとともに言葉では言い表せない充実感に満たされました。これからもこの気持ちを大切に仕事に励んでいきます。

就職活動をしている
ひとへのメッセージ

MESSAGE

私は学生の頃、様々な企業のインターンシップや会社説明会に参加しました。インターネットで調べればどのような会社でどのような業務なのかある程度分かりますが、社員の方や会社の雰囲気などは実際に企業を訪れてみなければ分からないと思ったからです。
就職活動をされている皆さんもぜひ沢山の企業に足を運んで、自分の肌で感じてみてください。様々な業種の様々な企業を見ることで新しい発見があったり視野も広がります。そうすることで自分の知らない一面や可能性にも気付くことができます。そしてそれが自分にとって魅力的な会社に出会えることに繋がっていくと思いますので、焦らず地道に頑張っていってほしいと思います。

休日の過ごし方

WEEKEND

  • 休日はチェロを弾いて過ごしています。チェロは大学でオーケストラのサークルに入り始めました。低音のお腹に響く音から高音の綺麗なメロディまで何でもできる楽器で、色々な曲を弾いてリフレッシュしています。