YUSAKU

KARIYA

ソフトウェア部 / 刈谷 優作

2017年入社

情報工学部・情報システム工学科 卒

プログラミングは大学の頃にC言語やPythonなどで経験しており、楽しんで取り組むことができました。その経験を活かし、仕事を楽しみながら、かつ誠実に取り組んでいきたいと思います。

学生時代に経験したことを
教えて下さい。

学生時代は、ライントレースと棒倒しを行う自走ロボットの設計、開発や、深層学習を用いたコンピュータ大貧民対戦プログラムの作成などを行いました。スポーツでは、中学校から大学までの10年間ハンドボールを続けてきました。主な成績は、高校の県大会優勝、大学の中四国リーグ3部優勝です。友人とは何度か国内外へ旅行に出かけ、知見を広めることができました。

将来の夢、野望を
教えて下さい。

将来は後輩にあこがれられるような先輩になっていたいです。後輩が頼りにし、「こんな風になりたい!」と思ってくれる先輩というのは、実務経験に長けているだけではなく、問題が起きた時の対処能力の高さや、後輩からの相談に親身になって応じる度量の大きさなどが必要だと思います。そんな人間になるのは一朝一夕には難しいですが、誰からでも教えていただける立場にある今のうちに先輩方のふるまいをよく見て学び、一つずつ段階を踏んで成長していくことで夢に近づいていけるものだと考えます。後輩から頼りにされるようステップアップしていきたいです。

リョービシステムサービスに
入社を決めた理由は何ですか?

リョービシステムサービスに入社を決めた理由は、まず第一に情報系の会社だったからです。情報系の大学でプログラミングを学び、自分の手で作ったものがより大きなシステムを動かす一部となるという経験を経て、これを自分の仕事にしたいと思ったのが一番の理由です。情報系の中でも両備システムズグループを選んだのは、入社後の社員の能力向上に対しての支援体制が充実していると感じたためです。

1年後に目指す姿・
達成したい目標

FUTURE

今の私は仕事に強いあこがれを抱いています。ただ、実際に仕事をすれば、自分のイメージとのギャップに驚いて足元がぐらついてしまうようなこともあるかもしれません。そんな時は、入社時の新鮮な気持ちを思い出して、仕事の励みにしていきたいと思います。1年後には、少しでも自分の理想と現実がかみ合う瞬間を迎えることができるようにがんばります。

休日の過ごし方

WEEKEND

  • 休日は専ら家で読書や音楽鑑賞などをして過ごしています。まとまった休みの際には、友人と旅行に出かけることもあります。