SOICHIRO

UEMOTO

ソフトウェア部 / 植本 壮一郎

2018年入社

大阪大学 法学部法学科卒

吉備の田舎から20余年の時を経て、やっと市内に出てまいりました!
一日でも早く売り上げに貢献できるよう、日々精進いたします。

学生時代に経験したことを
教えて下さい。

大学では専門の法学そっちのけで、声楽にのめり込んでおりました。
実はポップスよりも取り組みやすいのが声楽なんです。私の学んでいたイタリアのベルカント唱法も、数百年の歴史の中で学習法が体系化されています。どう練習したら上達するかがはっきりしているということですね。ポップスはなかなか難しいものがあります…。それに対して声楽は、私のような人間でも結構上達できました。おすすめです。

将来の夢、野望を
教えて下さい。

まず仕事の面では、社内で信頼される人財になることが夢と申しますか、目標です。○○のことだったら植本に聞け、といった形で頼りにしていただけるようになりと思っています。まずは目の前のことから着実に習得していきます。
その他の面では、成熟した人格を持つ人間になりたいと考えます。社会人として、最終的にはお客様に信頼される人財になる必要がありますが、人格・人間力といったものはその前提となるものだと思います。具体的には、素直さ・謙虚さ・高潔さをいつも持ち続けられるような人間を目指したいです。日ごろから思考と言動によく気を付けて事にあたります。

リョービシステムサービスに
入社を決めた理由は何ですか?

理由は社風と、教育制度の2つです。
まず、社風についてです。両備グループは経営理念に「忠恕(真心からの思いやり)」を掲げています。就職活動中に、社員の方とお会いする機会がありました。どなたにお会いしても、「忠恕」を体現するような素敵なお人柄の方ばかりで、未熟な自分を恥じ入るばかりでした。自分もそんな方々と一緒にお仕事がしたいと感じたのが1つ目の理由です。
次に、充実した教育制度についてです。私は文系学部出身です。IT業界に就職するにあたり、業務に必要なスキルの習得に関して非常に不安を抱えていました。リョービシステムサービスでは、手厚い研修で1から鍛えていただけると知ったのが2つ目の理由です。

1年後に目指す姿・
達成したい目標

FUTURE

来年入社してくる後輩の手本になれるような社員を目指します。
まずは、業務知識、プログラミングの知識をきちんと身に着けます。1つの目安として、2018年秋に基本情報技術者、2019年春に応用情報技術者の習得を目標とします。
加えて、社会人としての基礎的なスキルも完璧にしておきたいです。報連相を欠かさず、周囲の人とコミュニケーションを取りながら仕事を進める背中を後輩たちに見せられたらと思います。

休日の過ごし方

WEEKEND

  • 休日はよく趣味のバイクに乗って走りに行きます。残念なことに、ライダー人口は減少の一途を辿っています。安全運転でかっこよく乗ることで、バイクに興味を持ってくれる方をひとりでも増やせたら嬉しいです。