NAOTO

TAKAYA

ソフトウェア部 / 髙谷 尚斗

2018年入社

川崎医療福祉大学 医療福祉マネジメント学部卒

入社からまだまだ日が浅く、わからないことが多いですが一日一秒でも早く業務内容、技術的な知識を覚えて、一人前になりたいと思います。

学生時代に経験したことを
教えて下さい。

大学生に入ってから初めてプログラミングなどの情報系の世界に触れました。
そのうち自分で何か作ろうという気持ちになり、自宅でPythonを使い機械学習やIoTについて学んでいました。
Rasberry Piを使ってラジコンカーを作っていた時期にはハードウェアや組み込みの知識がつき、学生時代は情報系の分野を探ること自体が楽しみでした。
そうした学生生活で、"誰かに何かを頼まれてそれを作る"という経験が多く、その経験をぜひ業務に生かしていきたいと思います。

将来の夢、野望を
教えて下さい。

これからもっと自分の能力を伸ばしていって、色々な仕事を任せられる人財になりたいと思います。機械が代替していく仕事が増える中で未来には淘汰される仕事が増えていくだろうと予想されていますので、そうした社会でも光るスキルを常に持ち合わせて、価値のある人間でいたいと思います。
入社してまだまだ日が浅く、現在は業務内容を頭に入れるだけで精一杯な面もありますが、一刻も早く一人前になったら、自分が今後のIT業界でますます導入されていくAIやIotなどの技術を使って業務の効率化や自動化を提案していきたいと思っています。

リョービシステムサービスに
入社を決めた理由は何ですか?

一口にIT業界といっても様々なものがあり、上流工程しか行わない会社や下流工程しか行わない会社、開発そのものをせずに保守に特化した会社などを就職活動では見てきました。私がリョービシステムサービスに入社を決めたのはそれらのどの工程にも関わるチャンスがあると思ったからです。
両備ICTグループでは開発が得意な人から営業や要件定義を主にする方など様々な方が共同で働いています。
私は開発がしたい思いが強かったのですが、自分が得意とするもの以外の知識も多く入ってくることは私の成長に繋がると思いました。
毎日いろいろな方と接することで現在は新鮮な刺激を受ける日々を送っています。

1年後に目指す姿・
達成したい目標

FUTURE

社内で最も情報技術の知識を幅広く、かつ深く知るスペシャリストになりたいと思っています。そしてその知識を社内に広めて活かせればと思います。
今年は高度情報処理試験、ネットワークスペシャリストの取得を目指しています。

休日の過ごし方

WEEKEND

  • 休日は自宅でWebサービスの作成をするためにプログラミングしたり、調べものをしたりしています。たまに同期で集まってアイディアを出し合ったり情報共有をしたりしています。