TAKAYUKI

EIZUMI

ソフトウェア部 / 永泉 貴行

1998年入社

リョービシステムサービスが設立して初めての新入社員として入社しました。自治体関連のシステム開発(プログラミング)から始まり、先輩方々のご指導を頂きながら、システムエンジニアとして設計書作成やスケジュール管理を経験し、導入・保守業務まで仕事の範囲を広げ技術を磨く。現在は、ソフトウェア開発・導入・保守部門の責任者として、業務アウトソーシングサービスを拡大している。

現在の職種における役割を
教えてください。

管理職として、現場を改革・成長させ、業績・価値創造に貢献することが現在の役割です。現場責任者として「チーム全体の把握」「メンバーの教育」からマネージャーとして「人事評価」「労務管理」まで多くの仕事がありますが、部門の目標達成に向けて会社の理念を共有し、メンバーと共に改善を繰り返し、よりよいサービスを提供できるように日々業務をしています。

苦労ややりがいを感じた瞬間を
教えてください。

初めてのサービスを展開すると経験が少ないため、想像できていない問題が発生します。誰もが経験することではありますが、解決するために、思い悩み、苦しみますが、必ず何らかの回答があるのではないでしょうか。回答がズバリ的を得て、プロジェクトが成功に向かう瞬間はとても幸せな気持ちになり、やりがいを感じます。また、お客様より「ほめられる」「必要とされる」と、本心で仕事をして良かったと思えます。

社会人として大切にしていることは
ありますか?

「絆」
今まで多くのプロジェクトに参加させて頂き、その中で築いた絆で今の自分ができていると言っても過言ではありません。一緒に結果を出し、達成感、充実感、次の仕事に対して意欲をかき立てられる高揚感を共有できた仲間を大切にし、更に多くの仲間をこれからの仕事で作っていきます。
「志」
自分の志は世の中の人の為になることです。自分の仕事が課全体の役に立ち、会社全体の役に立ち、社会全体の役に立つことで、心からやる気を起こせると信じています。

就職活動をしている
ひとへのメッセージ

MESSAGE

学生時代にしかできないこと、たとえば、学業でも、サークルでも、アルバイトでも、十分にやりきってから社会人になってください。いろいろな「やりきった経験」が自分を育てていきます。
IT業界を目指すなら、SE志望の方も、開発志望の方も、世の中で情報処理がどのように活かされているのか、じっくりイメージしてみるとよいかもしれません。逆に言えば、今やシステムが使われていないところのほうが少ないわけですから、日常生活にどのようにシステムが関わっているか、たとえば、コンビニをはじめとした POS レジや、通学等で使う電車やバスの電光掲示板など、身近なところから自分のやりたいことを見出していくと良いと思います。