KEI

ISHII

アウトソーシングサービス部 / 石井 惠

2012年入社

岡山県立大学デザイン学部卒。一年目は業務とお客様を覚える為、上司や先輩について行きご指導いただく。二年目は採点業務につき、採点スタッフへの資料送付や連絡、事前準備からデータ生成まで従事。三年目に委託業務先のコールセンターへ出向、立ち上げに関り、現在も従事。

現在の職種における役割を
教えてください。

コールセンターのスーパーバイザー。
運用管理、入電状況の確認・対応、オペレーターへの指導・質問受付、入電対応、トラブル対応、委託業務先への実績報告など、コールセンター全体の取り纏めを行い、コールセンターの円滑な運営をサポートしています。
他に、コールセンターで使用するシステムのマニュアル作成や、オペレーターの業務知識を深める為に研修を実施する等、オペレーターを補佐するさまざまな資料作成も行っています。

苦労ややりがいを感じた瞬間を
教えてください。

現在のコールセンターは立ち上げ途中から参加したので思い入れが強いです。運用体制や、オペレーターの教育体制など、全く何も準備がありませんでしたが、その分、一から業務を構築していく経験をすることができました。電話中のトーク品質ももちろんですが、電話後の処理についても、どのように運用していけば入電するお客様にいち早く対応できるかを考え、委託業務先の職員の方と共同で体制を整えていきました。
試行錯誤を繰り返す毎日ですが、自身が提案した内容が運用に組み込まれ、実際に政策がうまく効果がでるときに充実していると感じます。

リョービシステムサービスに
入社を決めた理由は何ですか?

このお話をお伝えしてもいいのかと思いながら書いていますが、私は一度、今の会社で不採用になっていました。次の就活先を探していたら、会社から電話があり、もう一度面接をしないかとチャンスを頂きました。
面接の中で、会社の置かれている社会的立場や業績状況を説明いただき、その中で会社にとって私にどのような存在になってほしいか等、お話をお聞きしました。そのお話は私にとって明確な働くヴィジョンを抱けるものでした。
振り返ってみると、私が入社を決めたのはこの出来ごとによるものでした。

就職活動をしている
ひとへのメッセージ

MESSAGE

働いてみたい会社や仕事がわからない、と思っている就活生もいるのではないかと思います。私は当時そうでした。大学で勉強したことを仕事にしてみようとも思いましたが、自分は何がしたいのかわからない、という漠然とした悩みが常にありました。
勤めをしている今となっては、「企業が求める社員の人物像は、自身が目指す将来の自分像に近いか」ということが私の就活を進めていく上で重要だったと思います。入社してから成長していくことはできますが、企業と自身のそれぞれ目標が違う方角を向いているとやりにくいものです。
どのような職種かということよりも、仕事を通じてどのような自分になっていくか、という指針を持つと、新たな選択肢も発見できると思います。