KOYUKI

ISHISE

ソフトウェア部 / 石瀬 小雪

2016年入社

入社後はシステムズグループの新人研修を2か月間、リョービシステムサービスの新人研修を3か月間実施。研修でシステム開発の基本を学び、配属後は保守作業・画面作成や帳票作成、単体・結合テストを通して様々なシステムの勉強を行った。現在は主に、プログラマーとして民間企業様向けのシステム開発に携わっている。

現在の職種における役割を
教えてください。

現在は、プログラマーとして民間企業様向けのシステム開発を行っています。プログラミングは初心者であるため作業に影響が出てしまうこともありますが、適宜先輩に質問を行ったりと、非常に細やかなサポートを頂きながら進めています。開発を行う上では膨大なインプット・アウトプットの情報があるため、ドキュメントを作成し整理することもあります。また、他社様との共同開発であるため、ネットを介した質疑応答のやり取りやWEB会議を行うこともあります。会議等ではまだ主力となって進めることは出来ていませんが、今後対応出来るように先輩の姿を参考に只今勉強中です。

苦労ややりがいを感じた瞬間を
教えてください。

あるシステムにおいて中核となる重要な部分のプログラムを担当させてもらいました。任せていただけた嬉しさや緊張、責任の大きさを強く感じました。開発が始まると、先輩からいただいた指示でプログラムを組み立て、動作確認を行うと全く動かないという結果でした。指示に対して疑問に感じたことを完全に解消出来ていなかったこと、システムの構成に関して知らないことを知らないと自覚し、質問を行えていなかったことが原因でした。1から10までを教えてもらうのではなく、積極的に学ぶ姿勢が必要です。失敗してしまうことも多々ありますが、そのお陰で学べることも沢山あります。出来ることが日々増えることは嬉しいです。

リョービシステムサービスに
入社を決めた理由は何ですか?

大きく3つあります。①多くの人の生活を快適にするお手伝いができる。これは私の仕事選びの軸でした。システムを通して一般のお客様の生活を豊かに出来るだけでなく、様々な業界・職種の方の働きやすさにも貢献できる点は非常に魅力的でした。②会社説明会の際、両備システムズグループの方の雰囲気に一瞬で惹かれました。③業務以外にも自身の挑戦の場、成長できる場が沢山ある。両備グループ全体の活動としてシステム以外の企画・開発が行えたりと、幅広い経験ができます。やりたいことや少しでも興味を持てるものが数多くあるということは、長く働ける企業を選ぶ際のポイントにもなりました。

就職活動をしている
ひとへのメッセージ

MESSAGE

大学4年の夏までまさか自分がIT企業で働くとは考えもしませんでした。自分がこの会社と出会えたのは、「出来ること・出来そうなこと」よりも「やりたいこと」を見つけていたからだと思います。また、やりたいかどうか分からない際は取りあえず説明会等に足を運び、実際に働く人を見に行きました。思い込みだけで選択肢を減らしてしまうことなく、一つでも多くの発見を楽しんでください。就職活動を苦しく感じる時もあるかもしれませんが、その期間考えたことや感じたことが後に自分を支えてくれます。皆さんが希望の会社と出会い、もしそこがリョービシステムサービスであれば嬉しく思います。

休日の過ごし方

WEEKEND

  • 通勤が車で1時間程度かかるため、一日の振り返りをしたり、休日にしたいことを考えたり、好きな音楽に浸ったり。。。この時間はお気に入りです。月に何度か、同期や友人とご飯に行ったりもします。また、早く帰れた日は、家族と愛犬らぶちゃんのお散歩に行ったりしています。

  • 最近少しはまっていることは、「動物ぽんぽん」。毛糸を使って動物を作っています。昔からものを作ることが好きで、無心で作っては家のいたるところに飾って癒されています(笑)ブローチにして友人や家族にプレゼントとしても贈れるのでオススメです。

年間スケジュール

YEARLY SCHEDULE

入社式

両備グループ新入社員研修

合宿あり

両備システムズグループ新入社員研修

基礎研修として、ビジネスマナーや情報系の様々な分野の基礎講義

お花見

RSS恒例行事

講義だけでなく、簡単なスピーチやプレゼン練習も行えます。あまり経験がないため緊張しましたが、同期のことを沢山知れる良い機会でした。
お花見は、初めて先輩社員とお話しできる機会でした。皆さん優しい方ばかりで、配属がより楽しみになりました!

両備システムズグループ新入社員研修

技術基礎研修として、Javaやデータベース等、演習を通して基礎内容を学習

ほとんどプログラミング経験は無かったですが、先輩や同期がフォローしてくれたので初めての方も心配なしです。「出来るようになった」という感覚よりも「面白さを感じた」という印象でした。

RSS新入社員研修

基礎研修として、教材を用いて主にJavaのオブジェクト指向を学習

RPGのゲームやつぶやき掲示板のようなものを作成しながら学べたため、非常に分かり易く、楽しく学べました。しかし、いざシステムを自分で1から作ろうとすると思うように上手くいかず、システム開発の難しさも痛感しました。

RSS新入社員研修

応用研修として、ある機能を持ったシステムを2ヶ月間で作成。 設計、プログラミング、テストといったシステム開発の一連の流れを学ぶ

正直、この2ヶ月間は大変でした(笑)プログラミングの技術だけでなく、時間管理やPDCAの取り組みに苦戦しました。しかし、業務を行う上で一番大切なQCD(品質・コスト・納期)の観点を身をもって学べる非常に重要な機会であったと感じます。配属前にここまでしっかり教えてくれる会社はそれほど多くないと思います。

RSS新入社員研修

応用研修
成果発表会

うらじゃに参加

両備グループの有志で行われるうらじゃにメンバーとして参加しました。最高の夏の思い出に是非。

データ抽出システムのプログラム修正

(言語:アクセス)

販売管理システムのプログラム修正

(言語:C#)

お客様に使用していただくシステムのプログラムを修正することは初めてだったため、緊張したのを覚えています。この緊張感は今後も忘れることなく仕事を進めていくべきだと感じました。

滞納管理システム 画面作成

(言語:HTML)

レガッタ大会

社員旅行

画面作成では、設計書にあるデザインと1ピクセルの違いもないように仕上げるため、より作業の丁寧さが求められます。お客様の立場で考えると、学生では許されていた「これくらいはいいだろう」は通用しないとひしひし感じました。

介護システム

教育関連システム

健康管理システム

ソフトバレーボール大会

帳票修正や各種テスト等の作業を通して、短期間で様々なシステムに触れることが出来ました。分野の異なるシステムが複数あるため、面白いです。
会社の有志(新入社員は例年多い)で行われるバレーボール大会は、バレー経験あるなしに関わらず、皆全力で優勝目指しました(そして見事優勝)!

民間企業様向けのシステム開発

プログラミングを中心に機能開発を行う

複数名で開発を行うため、徹底したソース管理や情報共有を行う大切さを学びました。また、自分の担当分は限られてますが、システムの全体像や構成、流れに関しては知っておく必要があり、膨大なインプットを漏らすことなく把握することは今でも大変です。

民間企業様向けのシステム開発

プログラミングを中心に機能開発を行う

自身の課題は、スケジュール管理でした。疑問が生まれたとき、不安に思うことが起こった際に、自分でどうにか解決することも出来るかもしれません。しかし、ヘルプを出すタイミングを見極めることが一番大切であると感じました。

民間企業様向けのシステム開発

結合テストの実施

データ抽出保守作業

両備システムズグループ新入社員フォロー研修

入社当初に心掛けていたことも、1年経ってしまうと疎かになってしまうことがあります。フォロー研修はそんな初心を取り戻し、気持ちを引き締めてくれる研修であると思います。

「先輩になる」という緊張感があります。1年間の成長と今後の課題をしっかり把握して、更なるステップアップを目指します。

さらに見る