YUKIKO

MURAKAMI

アウトソーシングサービス部 / 村上 由紀子

2009年入社

システム開発を一年経験した後に、現在のアウトソーシングサービス部に配属される。今まで携わった主な業務としては、貴重資料などの撮影からデジタルコンテンツの作成・管理・情報公開・コンサルティングに至るトータルサポートを行なうデジタルアーカイブサービス。学習塾、全体模試など採点業務を行なう教育アウトソーシングサービスを経て、現在は自治体様向け包括的BPOサービスで運用管理を行う。

現在の職種における役割を
教えてください。

受付窓口業務、事務処理業務、コールセンター業務、ITサポート業務などの管理運営する自治体様向け包括的BPOサービスに携わっております。その中で、プロジェクトを円滑に遂行する為の運用管理を担当しております。弊社のアウトソーシングは、一般的に多い一部の業務のアウトソーシングを請け負うのではなく、業務全体を包括するアウトソーシングとなるため、幅広い業務知識を身に付けることが重要となります。現在はお客様先で業務をしており、ピーク時には100人以上のスタッフと一緒に仕事を行なっております。

苦労ややりがいを感じた瞬間を
教えてください。

プロジェクト立ち上げの時は、毎回苦悩します。ある程度、「こんな事が起こりうるだろう」と想定し、対策を練ってからプロジェクトに挑むのですが、実際には予期せぬ課題が出てくることもあります。それをどう円滑に対処するかが苦労する点でもありますが、やりがいでもあります。
また以前、プロジェクト終了後に、スタッフさんから「おつかれさまでしたで賞」という手作りの賞状を貰ったことがあり、とてもうれしく、この業務をやっていてよかったなと感じました。

リョービシステムサービスに
入社を決めた理由は何ですか?

学生の時は、IT系の会社と言えば、「理系のプログラミングができる学生」が入社するイメージが強かったのですが、就職活動を行なっている際、人事の方が、「プログラミングの経験がなくても大丈夫です。文系出身も多いですよ。」と聞いたのがきっかけでした。実際に入社してみると同期も文系出身者が多かったです。入社後に両備情報系の新入社員を集めた基礎研修が2ヵ月間あり、最初は何がなんだかよく分からず「文系出身でも大丈夫と言われたけど、本当に大丈夫かな」と不安でしたが、班の中の理系出身の同期達が分からない部分をしっかりと教えてくれたのでついていく事ができました。また配属後も業務にそった研修があったので安心です。

就職活動をしている
ひとへのメッセージ

MESSAGE

就職活動は、いろいろな会社を見てまわることのできる良い機会だと思います。興味のある会社に行けば、より理解を深めることもできますし、将来の自分の姿を想像することもできます。また興味がない会社でも、「意外に楽しそうかも!」と新たな発見に出会えることもあります。学生さんにとっては、自分の将来を考えるよい期間になると思いますので、今まで学んできたことの枠だけにとらわれずに、様々な業種・会社を見て回ってください。その際は、興味のある方もない方も、是非一度、リョービシステムサービスを見に来てください。

休日の過ごし方

WEEKEND

  • 業務終了後は、家でのんびりと過ごす事が多く、たまに友達とごはんを食べに行ったりします。

  • 旅行するのが好きなので、休日はリフレッシュにドライブやプチ旅行に行ったりしています。両備情報系では、決められた期間内で連続5日以上の休暇取得を推奨するリフレッシュ休暇という制度があるので、それを利用して少し長い旅行もしたりします。