TOSHIHIKO

OZAKI

ソフトウェア部 / 尾崎 知彦

2002年入社

2002年に新卒採用でリョービシステムサービスに入社し、自治体様向けに健康管理のパッケージシステム開発に従事。その後、2回バージョンアップされたパッケージシステムの主力メンバとして開発に従事し、開発プロセスやユーザーインターフェイスの統一化などを推進する一方で、品質に関するプロセスのマネジメントに携わっている。

現在の職種における役割を
教えてください。

自治体様向けの健康管理支援を行うWebアプリケーションシステム開発のリーダー。それが現在の私の役割です。リーダーと言ってもメンバーの作業状況の管理だけではなく、プログラミングやドキュメント作成、製品の出荷作業など何でも行います。その中でも重要な役割を挙げるとすれば、製品出荷時の品質管理でしょうか。私の携わっているシステムは全国トップシェアを誇るパッケージシステムで、お客様からの信頼も厚く、影響力のあるシステムだからこそ製品出荷時の品質管理にはこだわり、十分な期間を設けて様々なテストを行います。私はそのテスト工程の計画、運用、評価を行い、全国のお客様に信頼できるシステムを届けています。

苦労ややりがいを感じた瞬間を
教えてください。

実は私はバージョンは違えど入社以来ずっと同じシステムの開発に携わっており、健康管理システムの長い歴史を知る数少ない生き証人でもあります。最初のうちは業務知識も乏しく、先輩社員に提示された開発作業を日々こなすだけでしたが、システムを一から見直すバージョンアップの機会に、「システムの核となる機能の開発を私に任せてください」と上司に直談判し、開発を任されました。開発作業は苦難の連続でしたが、実際にお客様の声を聞き、色々な人と関わりながら完成させた機能を使っていただいて感謝の言葉を頂いた際の歓びは格別のものでした。今でもキラーコンテンツとしてシステムのシェア拡大に寄与しています。

社会人として大切にしていることは
ありますか?

「ブスの25箇条」というものをご存知でしょうか?これはあの有名な宝塚歌劇団の舞台裏に貼ってあるというもので、社会人になってからの研修で教えてもらいました。詳しくはインターネットで調べてみて下さい。「ブス」という表現は見た目に用いられることが多いですが、これは心の持ち方について例えたもので、この25箇条に書かれている内容は人と接する事が基本となる社会人として絶対に行わないように心がけています。逆に言うと、ここに記載されている内容の逆を行うようにすればいいわけです。一例を上げますと「笑顔がない」「希望や信念がない」「他人を信じない」「人のアドバイスや忠告を受け入れない」といった内容があります。

就職活動をしている
ひとへのメッセージ

MESSAGE

就職活動においては、良くも悪くも「目立ってなんぼ」だと私は思います。当然学力試験などもあるかと思いますが、どのような職種でも最終的には皆さんの持っている「人間力」が重要になります。同じ年代で、同じ学校を出て、同じ格好をした皆さんが大勢いる中で、時間にしてわずか1時間足らずの面接の中で面接官の「印象に残ること」が重要です。「目立つ」というのは見た目の話ではなく、考え方や経験、その会社に入りたいという熱意です。そのために今、色々な事に積極的にチャレンジしてください。必ず将来の自分の糧となる「目立つ存在」になれるはずです。

休日の過ごし方

WEEKEND

  • 5年前にレンタサイクルでしまなみ海道に行ったことがきっかけで、自転車をこよなく愛してます。と言っても家庭持ちの中堅社員の為に高性能な自転車は買えませんので、エンジンとなる肉体の出力を向上させるべく、日々往復25キロ程度自転車を漕いで鍛えています。休日も隙あらば自転車に乗って一人で買い物に行ったり、サイクリングを楽しんでいます。もちろん、家族サービスも欠かしませんよ!