CSRの取り組み

健康経営の取り組み
TOPCSRの取り組み健康経営の取り組み
当社は2019年2月21日、経済産業省主催の日本健康会議において「健康経営優良法人2019」中小規模法人部門に認定されました。
健康経営優良法人制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、
特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。
「健康経営優良法人2019」として、大規模法人部門に821法人、中小規模法人部門に2503法人が認定されました。
健康経営の主な取組を紹介します。

1. 健康増進、疾病予防

・生活習慣病予防健診、がん検診、婦人科健診費用の全部または一部を補助している。有所見者には、
 再検査受診率100%になるまで指導している。
・インフルエンザ予防接種や配偶者健診費用の一部を補助している。
・毎日のラジオ体操、年6回のおふぃえくなど、オフィス内で運動機会を提供している。
・健康を意識した食堂メニューを提供している。
・禁煙促進、受動喫煙の防止に取り組んでいる。

2. ワークライフバランス推進

・有給休暇取得推進のための制度を複数定めている。
 (年次有給休暇の計画付与、リフレッシュ休暇取得推進、時間単位有給休暇や特別保存休暇の規程など)
・超過勤務時間45時間以上の従業員に対し、過重労働防止を指導している。
・妊産婦や育児・介護中の従業員が多様な働き方を選択できる「両備フレキシブルワークプラン」を導入している。

↑pagetop