RYOSUKE

MICHIOKA

営業部 / 道岡 良輔

2007年入社

2007年に新卒で入社。入社後約1年間、オペレーターとして金融系システムの運用を担当。2008年より畜犬システム、税務システム等の基幹系システムのプログラマーを経て、2010年には県外への基幹システム導入案件の対応のため県外で導入サポートを行う。岡山に戻ってからは、基幹系システムのシステムエンジニアとして多数のシステム導入・運用保守を担当し、現在に至る。

現在の職種における役割を
教えてください。

現在は、基幹系システムのシステムエンジニアとしてシステム開発、運用に従事し、システムの設計、テスト等からお客様先への導入、運用保守まで行っています。
現在の担当している仕事では、社員同士でのやり取りだけでなく、お客様との打ち合わせやご相談への対応等、様々な方と接する機会があり、その場面場面で状況に応じた柔軟な対応が求められ、刺激や成長の機会には事欠きません。
また、個人番号制度が始まり、私が担当している業務でも個人番号は、密接にかかわってくるため非常に大切な個人情報を扱う仕事であることを、しっかり意識し日々業務にあたっています。

苦労ややりがいを感じた瞬間を
教えてください。

初めて”仕事”としてシステム開発にあたったときは、本当に苦労しました。
私は、情報系の学校を卒業しており、学生時代に携帯向けアプリケーションやWindows上で動作する簡単なアプリケーションを作成したことはあったのですが、個人で自由に開発するのと仕事として開発するのでは、様々な面で思った以上に違いがあり、苦戦しました。
特に趣味で個人的に作成するアプリケーションでは、アプリケーションが動けばとりあえず”完成”としていましたが、仕事で開発を行うということは、その成果物には、高い品質が求められます。
高品質を担保するためのテスト工程の大切さは、仕事としてシステム開発に携わってから、改めて強く認識しました。

社会人として大切にしていることは
ありますか?

私がもっとも大切にしているのは積極性です。
社会人になると課題を周りから与えられることは少なくなります。常に自ら疑問を持ち、課題や改善点を見つけていかなくてはなりません。
特に自らのスキルアップの面では、社会人は学生時代に比べて自由に使える時間が少なくなるので計画を立て自らどんどん動いていかないと、あっという間に時間だけが過ぎてしまいます。
忙しくなると、やらなければいけないことだけで手一杯になってしまいがちですが、隙間時間に出来ることから挑戦していくことで日々が楽しく豊かになると考えています。

就職活動をしている
ひとへのメッセージ

MESSAGE

就職活動で大切なことは、多くの企業を実際に自分の目で見ることだと思います。
最近は、ネットで企業の情報を集めることができます。
ですがネットだけで、本当にその企業が自分に合っているのかはわかりません。
足を運び、会社説明会等で働いている人達と直接話をすることでよりリアルな職場の雰囲気等がつかめると思います。
企業選びは、人生の中でも大切な分岐点の一つだと思います。ネット上の情報だけで判断せず、フットワークを軽くして色々な企業に足を運んでみてください。
周りが早く内定を頂いていると不安や焦りを感じることもあると思いますが、早く内定を取れることが良いことではありません。
自分を信じて挑戦してみてください。

休日の過ごし方

WEEKEND

  • 帰宅後や休日は、良くギターを弾いています。
    趣味ではありますが、やるからには上達したいので朝練も含め、毎日最低3時間は練習しています。
    最近は、子供も音楽に興味を持ってきたので一緒にギターやピアノを弾いて遊んでいます。
    そんな息子の口癖は「ピアノの世界へ行けーー!」
    。。。どこで覚えてきたのか分かりませんが、毎日、子供とピアノの世界へ行っています。